Menu Nitto ATP Finals ロンドン・O2アリーナ/2020年11月15~22日
年齢  / 
出身地
現住所
身長
体重
利き手
プロ転向

過去の大会出場成績

出場した年
最も良かった成績
前年の成績
史上最高のサステナブルな最終戦、2019年 Nitto ATP Finals

© WONDERHATCH

5,500トン以上の二酸化炭素排出量を相殺、大きな目標達成を果たす

ATPは、シーズンの最後を飾る名誉あるトーナメント、2019年の Nitto ATP Finals が、これまでで最もサステナブルな最終戦であったと発表しました。

ATPのサステナビリティへの取り組みは、国連の「Climate Neutral Now (気候変動ニュートラル・キャンペーン)」のグローバルパートナーである One Carbon World とのパートナーシップにより実現しました。このパートナーシップにより、今回のイベントに参加したプレーヤー、トーナメントスタッフ、ATPメンバー、そしてイギリスのテニスファンの、国内外の移動による二酸化炭素排出量が相殺されました。シーズン最終戦でO2アリーナに足を運んだファンは242,000人以上でした。そして、ミラノの Next Gen ATP Finals へのプレーヤーとATPスタッフの移動も加えると、相殺された二酸化炭素排出量は合計5,683トンになりました。

2018年の最終戦では、8日間にわたる展示イベントで、環境への影響を軽減するためのATPの新しいサステナビリティの取り組みが発表されました。それからわずか1年、ATPは、この大きな目標を達成しました。2018年は、トーナメントで使用されるプラスチックの量を減らすことに特に重点が置かれ、テニス関係者、メディア、そして運営スタッフが活動するすべてのエリアで、ウォータークーラーとガラスのボトルを使用しました。

これに加え、今年は公共のエリアでも使い捨てのプラスチック製カップを廃止しました。洗浄して何度も再利用できる「take-home cups(持ち帰って再利用できるカップ)」の導入により、60,000個の使い捨てプラスチック製カップの廃棄を防ぎました。また、トーナメントのオフィシャルストリンガーである Tecnifibre は、310本のラケットを張り替えましたが、張り替えたラケットをプレーヤーに届ける際のプラスチックバッグの使用を廃止しました。

このほかにも、ATPは、余剰食料をロンドン周辺のシェルターで配っている慈善団体、City Harvest と協力し、イベントで廃棄される食料を減らしました。City Harvest へ寄付をした食料は、ロンドン市民の2,000食以上に相当し、これらの寄付により、3.25トン以上の温室効果ガスの排出が防止されました。

また、ATPは、環境への影響を軽減するだけでなく、Cancer Research UK とも協力。前向きな社会的影響を与えるための資金集めを支援しました。大会期間中には、プレーヤーのサイン入りグッズの販売や、「Text-to-Donate」などでの皆さんからの寄付により、Cancer Research UK への £10,000 を超える資金が集まりました。

Nitto ATP Finals のイベントディレクターである Adam Hogg は次のようにコメントしています。「昨年の Nitto ATP Finals から活動の影響を測定し、いくつかの新しい取り組みを試していましたが、今年のこの結果にとても驚いています。大規模なスポーツイベントでは、常に大きなサステナビリティの課題が伴うため、今年のトーナメントで行ったすべての取り組みで、目標を達成できたことは大変喜ばしく、特に5,500トン以上の二酸化炭素排出量を相殺できたことは大きな成果でした」

「もちろん、私たちにできることは、まだ残されています。引き続き、スペシャリスト・アドバイザーの皆さんと協力し、来年のトーナメントでさらに良い結果を出せることを楽しみにしています」

タグ 

  • off-court-news
  • 2019
メールマガジン登録
大会の最新情報やチケット情報をお届けします(英語)